ホーム<スタッフブログ<2021年5月

2021年5月

レシーブ アンダーハンドパスのコツ

2021618112715.jpg

ゲーム中、腰より下の低めのボールを処理するためのアンダーハンドパスでは、下半身の使い方がより重要になります。

ボールの下にしっかり入るために、膝を曲げて腰を落とすことを繰り返し練習しましょう。   

①最初は、前から来たボールを前方へ返す練習から始めます。   体を後ろから前へ運び、ボールを送り出す感覚を覚えましょう。

②組み合わせた腕は肘を締めるようにして動かさないようにし、目標方向に足を向け、体全体で一歩を踏み出すようにします。

③返球はできるだけ軌道が低くなるようにし、一本一本を丁寧に行うことが大切です。

④手首より少し上の部分が打点になります。毎回同じ位置で打てるように、一人で練習する際は、アンダーハンドパスでボールを真上に上げ、そのボールを連続して打てるようにします。難しいときは、いったんワンバウンドさせてから打つとよいでしょう。

⑤高く上げる必要はありません。毎回同じ高さになるよう、力加減を覚えましょう。

対人練習では、二人で向かい合い、膝を柔らかく使って山なりのボールを送ります。

相手が取りやすい位置に、滞空時間が長くなるよう意識すれば、自然と重心が低くなっているはずです。

続いて、アンダーハンドレシーブです。

2021618171127.jpg

アンダーハンドレシーブの基本は、アンダーハンドパスと同じです。ただ、強烈なスパイクやサーブを受けるために、ボールの落下点に素早く入る俊敏性がもとめられます。

また、いろいろな球種のボールが飛んでくるため、ミスはつきものですが、ゲームをつくる重要なプレーです。

サーバーやボールをしっかり見て、コースやスピード、球質を予測して、素早く構えましょう。

膝を柔らかく使い、全身でボールを受けるイメージを持ちます。

両肘を内側に締めて、両腕と両肩で三角形の面を作りましょう。

動きやすい態勢を保つことが、面の安定につながります。

足は肩幅よりやや広めに開き、どちらかの足を少し前に出します。膝をしっかり曲げて構え、低い姿勢のままボールの下側を見るように落下点に体を滑り込ませ、体の正面で受けるのが理想です。

ボールの勢いに負けないよう、少し全景気味に構えると良いでしょう。

 

気持ちの持ち方も結果を左右します。苦手意識があるとプレーの際、全身に力が入って動作がぎこちなくなってしまいます。「自分のところにボールが来たら、必ずセッターに返す」という気構えを持ちましょう!!!

2021518181048.jpg

アンダーハンドパスの 【手首から腕の構え】【 面づくり 】 には・・・

U-Passアンダーパス練習板を使っての練習が効果的で、非常に役に立ちますよ!!!

アンダーハンドパス練習板の商品はこちら

 では、実際にやってみましょう! 最初はチョットむづかしいんですよね~

アンダーパス➝練習によって、ボールを柔らかく「送る」感覚と「腕の角度」を覚えることができますよ~

最初のうちは慣れないので大変ですが、体で覚えられるようにやってみましょう。

この構えがきちんとできると、ほかの技術の習得が各段にはやくなりますよ!!!