ホーム<スタッフブログ<上達ワンポイントアドバイス<レシーブ アンダーハンドパスのコツ2
上達ワンポイントアドバイス

レシーブ アンダーハンドパスのコツ2

アンダーハンドレシーブの基本は、アンダーハンドパスと同じです。しかし、強烈なスパイクやサーブを受けるには、まず <落下点に素早く入る>ための俊敏性が必要です。

202151616147.jpg

テキストテ親指と人差し指でつくった三角形からボールを見るようにしよう

2021518165429.jpg

腕と太ももの間にボールを挟み、前方からくるボールをレシーブすることによって、ボールを「送る」感覚と、「腕の角度」を覚えましょう

2021618112715.jpg

両肘を内側に締めて三角形の面をつくりましょう

膝を柔らかく使って、全身でボールをとらえましょう

 【サーブレシーブのポイント】

◆いろいろな種類のボールが飛んでくるため、ミスすることが多くなる重要なプレーだと覚えておこう。

◆コースやスピード、球質から予測して、すばやくボールの落下点に入ろう。

 

【スパイクレシーブのポイント】

◆膝を柔らかく使って、体全体でボールを上げよう。

◆両肘を内側にしめて、しっかり面(両腕と両肩でつくった三角形)をつくろう。

 

構えの基本は、 ”動きやすく、かつ安定していること” です。

足は肩幅よりやや広めに開き、どちらかの足を少し前に出します。

膝をしっかり曲げて構え、低い姿勢のまま、ボールの下側を見るように素早く落下点に体を滑り込ませ、体の正面で受けるのが理想です。ボールの勢いに負けないように、しっかり腰を入れ、少し全景気味に構えておくと良いでしょう。

 

レシーブの苦手なプレーヤーは、試合の状況によって、〔自分のところにボールが来ないように・・・〕と祈るような気持ちになることもあるでしょうね。。。

しかし、弱気になると、緊張して体に力が入り、動作がぎこちなくなってしまいます。

◆◆◆自分のところにボールが来たら、どんなボールでも必ずセッターの位置に返す!◆◆◆ という気構えを持ってのぞむことが大切です。

 

2021518175850.jpg

初心者の方や、アンダーハンドパス(レシーブ)の苦手な方には、この(←写真) U-Passアンダーパス練習板で、【構え方】【面づくり】などの練習に、非常に役立ちますよ。

 

アンダーハンドパス練習板はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.ya-do.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/144