ホーム<スタッフブログ<ケガやトラブルの予防・処置

ケガやトラブルの予防・処置

足元の重要性を再確認!

本日、日本シグマックス(㈱)難波孝行様が来店され大変貴重なセミナーを受けました。

「あなたは足元のバランス、大丈夫ですか?」

たかが、足の裏…よく考えれば身体全体を支える【土台】なんですよね!これって、2本の足で自分の全体重を支えてるんです!

バランスが崩れ、すぐには症状に出なくても負担が蓄積されいつか爆発(ケガ等のトラブル)にする可能性があるんです。

足、腰、背中、首に痛みをお持ちの方、もしかしたら足元に原因があるかもしれません。

私も自分の身体を支えてくれてる2本の足にあらためて感謝です!人生、自分の足で立って、健康でいたいと痛感です。

みなさんも自分の足元を見つめ直してみませんか?少しでも皆さんの負担を軽減することが出来ればと思います!

当店では無料で足裏分析をして自分の現在の状況を把握してもらい、健康な身体・ケガ防止に役立てれば幸いです。

お近くにお寄りの際は気軽に店内に足を運んでください!

最後になりましたが、難波様遠いところ貴重な時間を我々のために作って頂きありがとうございました!

 

スタッフ Eより

 

 

 

 

シューズのインソール(中敷き)はどうですか?

シューズのインソール(中敷き)はどのようになっていますか?

毎日、私たちの足に接する物だからこそインソール(中敷き)が、悪くなった身体のバランスを理想的な形へ整えてくれるカギとなるのです。シューズの外側ばかり見ていては・・・?

◆インソールによる効果

 ①疲れを軽減!・・・土踏まずを支えることで、筋肉の負担を軽くします。

 ②ケガを予防!・・・土踏まずの形が整うことで、足元が安定してケガを防ぎます。

 ③力を逃がさない!・・・力が分散されることなく、パワーを効率良く伝えます。

 ④衝撃を吸収!・・・一部分だけに集中することなく衝撃を効率的に分散します。

 ⑤トラブルを予防!・・・足元がしっかり安定することで崩れたバランスを整えます。

 ⑥血行を促進!・・・ポンプのように土踏まずが刺激されることで血行が良くなります。

 

 

ヒザが痛くなる

ランニングでの着地時の衝撃は、体重の3~5倍にもなり、筋肉・関節への負担が想像以上にかかっています。筋力が弱ければ、何百Kgという衝撃が関節に繰り返し伝わり、トラブルの原因にもなります。

これらの症状を回避・再発予防をするために、日頃からヒザ周辺の筋肉のストレッチやウオームアップ、クールダウンを行い、しっかりケアしましょう。

【ジャンパーひざ(膝蓋ジン帯炎】 ジャンプや着地の繰り返しにより、ヒザに負担がかかり、痛みがでてくる障害です。ヒザのお皿まわりに痛みが出ます。

【シンスプリント】 繰り返しのランニングやジャンプを過度に行なった場合に発症しやすい障害。ふくらはぎの内側に痛みが出ます。疲労骨折と痛む場所がよく似ているため、このようなふくらはぎの内側の痛みがでたら、医師の診断を受けることをおすすめします。

 

シューズの履き方チェック

◇シューズを履く時、椅子に腰かけたままで紐を絞めていませんか?

  椅子に座ったままでは、シューズにしっかり体重が掛かってませんので、立ち上がると 当然足の大きさが変わり、締め付けすぎてる事になります。

◇シューズの脱ぎ履きで、その度に紐を解いていますか?

  紐を解かずに脱ぎ履きする事は、シューズの変型にもつながり、折角のフィット感が悪くなります。また、シューズ内で隙間が生まれ、ズレからマメができたり、動き難さからパフォーマンスが落ちます。

ぴったりフィットしたシューズを履いていると、動きも良くなり、捻挫等の足の予防にもつながりますよ!